モバイルルーターの一覧、ドコモで購入できる商品を見たい!

モバイルルーターの一覧、ドコモで購入できる商品を見たい!

■ドコモ回線を使ったモバイルルーターはどんな機種がある?

 

・ ドコモの回線を使ってモバイルルーターを利用できる?
・ 最新端末の性能を知りたい!

 

 

ドコモ回線は全国かなりに地域で利用できる通信回線です。
通話はもちろんインターネットに接続することもできます。

 

 

そのためにドコモのスマホなら旅行などに行った時にも安心して利用できると
かなり人気があります。

 

 

でもドコモユーザー以外でもドコモ回線を使ってのインターネットをすることが
出来るようにはならないのでしょうか?

 

 

方法としてはドコモ回線を使ったモバイルルーターを利用するという方法があります。

 

 

現在auユーザーでもドコモ回線を利用したモバイルルーターを中継してネット接続を
する場合にはau電波が届かないところでもドコモ回線でネットの接続ができます。

 

 

でもドコモではそんなモバイルルーターのサービスの提供があるのでしょうか?
あるとすればどんなルーターを利用しているのでしょうか?

 

 

ドコモで購入できるモバイルルーターを確認してみます。

 

 

■ドコモショップで購入できるモバイルルーターの一覧

 

・ モバイルルーターの種類自体は少ない
・ 中古でもルーターの取扱がある

 

 

まずはドコモショップで取り扱っているモバイルルーターを確認してみます。
オンラインでは3種類のモバイルルーターが販売されていました。

 

 

○ N-01H

 

NECが販売しているクワッドバンド対応のモバイルルーターです。
同時接続台数16台とかなり多くの端末を同時にセット接続できます。

 

 

バッテリー容量は2500mAhと多少少なく感じますが型録スペックでは連続ネット越族
10時間となっています。

 

 

○ HW-02G

 

クレードルにアンテナがあるので室内でクレードルにセットして使うことで電波の
受信感度を上げることができます。

 

 

こちらもクワッドバンドLTE対応で下り最高225Mbpsの高速通信が可能です。
バッテリー容量はやはり2400mAhと小さめで約9時間の連続利用が可能です。

 

 

○ L-01G

 

端末自体が多少大きめですが3インチの液晶搭載で操作がしやすいという特徴の
モバイルルーターです。

 

 

大きな本体に大容量バッテリーを搭載しているのでバッテリー容量は4880mAh。
連続18時間の通信が可能となっています。

 

 

更にバッテリーチャージャーとしての機能もあるのでスマホの充電が切れた時も
外部バッテリーとして利用することができます。

 

 

現在ドコモショップで取り扱われている端末はこの3機種でした。
2016年春モデルはN-01Hのみと少し寂しい印象です。

 

 

ただしドコモのモバイルルーター自体は中古本体の取り扱いも行われています。
そちらも確認してみましょう。

 

 

■ドコモの中古モバイルルーターはどう使う?

 

・ 商品によってはかなり安い金額で購入可能
・ 格安SIMとの組み合わせが便利

 

 

ドコモのモバイルルーターはオープン価格ですが、新品購入の場合は2万円を超える
料金になることが多くなります。

 

 

ドコモショップで購入する場合は月々サポートとXiルーター割を利用することで
最大24,643円の割引も出来るようになります。

 

 

ただし月々サポートの対象外になってしまうとかなり高額の商品です。
そこで中古で少し前のモバイルルーターを購入する事もできます。

 

 

取り扱っているのはパソコンショップなどで、大きなショップにはドコモの中古の
モバイルルーターも見つけることが出来ました。

 

 

現行品ではない本体なら5,000円くらいとかなりやすい金額で購入ができます。
ただし性能に関しては現行品に比べると厳しいところがあります。

 

 

ドコモのモバイルルーターを安い金額で購入する場合のメリットは有るのでしょうか?
本体だけでは難しいのですがこれに格安SIMを組み合わせる方が多いと聞いています。

 

 

中古ルーターと格安SIMの組み合わせについて調べてみます。

 

 

■ドコモ回線の格安SIMは中古ルーターと相性が良い?

 

・ 格安SIMはドコモ回線を使っているのでドコモの本体で利用可能
・ 格安SIMは本体セットで購入が難しいので中古本体がお得

 

 

格安SIMとは大手キャリアから回線をレンタルしてプロバイダからサービスを
提供しているデータ通信契約です。

 

 

オプションとして通話が可能な場合もありますが、モバイルルーターで利用するなら
そのままデータ通信プランを利用します。

 

 

多くの格安SIMがドコモ回線をレンタルしているのでドコモの中古本体とは
相性が良いと言われています。

 

 

格安SIMを本体に挿してAPN設定をするだけでネットに接続できるので
格安SIMが注目されている今はドコモの中古本体もかなり人気があるのです。

 

 

一時期よりも中古本体価格も上がっていますが、その分多くの中古品が市場に
出回っているので商品を探しやすくなっているというメリットも有ります。

 

 

確かに使い方によってはかなり便利な格安SIMですがモバイルルーターに利用を
する場合には問題はないのでしょうか。

 

 

格安SIMについてもう少し詳しく調べてみました。

 

 

■格安SIMはモバイルルーターで使いやすい?

 

・ 低容量の利用なら月額料金が安い
・ 無制限プランは通信速度が問題

 

 

格安SIMは月額料金の安さがとても大きな魅力です。
利用している回線もドコモ回線の格安SIMを選べば利用可能地域はかなり広いです。

 

 

確かに月額料金は安いのですがそれは低容量プランの場合で利用できるパケット量が
大きくなるとそれなりに金額が必要になります。

 

 

しかも無制限プランを選ぶと今度は通信速度が問題になってきます。

 

 

格安SIMの無制限プランでは通信速度が制限されている場合があります。
通常の通信速度で5Mbpsという速度はそれほど速い通信速度ではありません。

 

 

これが最高速度なので平均すると1Mbpsから2Mbpsという速度になります。
これでは快適にネットが出来る速度になっていません。

 

 

モバイルルーターで利用する場合にはスマホだけではなくタブレットPCや
ノートPCなどもネットに繋ぐためにどうしてもパケット量が不足がちになります。

 

 

でも格安SIMでは容量を大きくするとメリットが少なくなり、無制限プランでは
快適に利用できないという状態になりやすいです。

 

 

中古のモバイルルーターを使う場合には利用できるLTEバンドが少ない場合もあり
通信速度はさらに遅くなる可能性も。

 

 

端末購入が必要で新品のルーター端末購入ではコストがかかる格安SIMでは
モバイルルーターの運用はかなり厳しいと思います。

 

 

■業界最安値クラスの月額料金で使えるモバイルルーター

 

・ 月額2000円台で月間7GBの容量が利用可能
・ 直近3日間の速度制限条件が厳しい

 

 

モバイルルーターサービスの料金としては業界でも最安値クラスで提供しているのが
ヤフーWiFiです。

 

 

こちらのプランの一つには月額1,980円で利用できるプランが有ります。

 

 

モバイルルーターは最新端末で契約と同時購入で実質0円での購入が可能です。
最初にかかるコストは事務手数料だけなので始めやすいと思います。

 

 

月間パケット通信総量の上限は7GB、直近3日間の上限は1GBです。
短期間でパケット量を多く使う方にはちょっと厳しいところはあります。

 

 

ただ月額1,980円というのは格安SIMの料金プランを考えてみてもかなり安く
それでいてパケット量は7GB使えるのでお得感はかなり高いです。

 

 

利用している回線はワイモバイル回線とソフトバンク回線です。
ドコモ回線と比べても遜色はない利用可能地域の広さとなっています。

 

 

月額料金や初期コストを考えるとかなり安くモバイルルーターが利用できるのが
ヤフーWiFiの最安値プランです。

 

 

毎月のパケット利用量がそれほど多くない方にはかなりおすすめです。

 

 

■無制限プランが使いやすいのがWiMAX2+

 

・ 月間パケット通信総量が上限なしプランがある
・ 通信速度が速いのが大きな魅力

 

 

ヤフーWiFiの速度制限条件ではちょっと厳しいという方にはWiMAX2+がおすすめ。
こちらには使い放題プランがあります。

 

 

ギガ放題プランは月間パケット通信総量の上限がありません。
つまり7GB以上のパケット通信をしても速度制限がかからないのです。

 

 

ただ直近3日間で3GB以上のパケット通信をすると速度制限がかかります。
完全無制限ではないので注意しましょう。

 

 

でもWiMAX2+のメリットは制限がかかった場合も通信速度が下り最速6Mbpsなので
ほとんど問題なくネットが出来る所です。

 

 

他のキャリアの場合は速度制限がかかると128Kbpsというかなりの低速になるので
まともにインターネット接続が出来ません。

 

 

でもWiMAX2+の場合は格安SIMの無制限プランと同じくらいの通信速度が
制限されている状態で出せます。

 

 

ただしギガ放題プランは月額料金が高いというデメリットが有ります。
キャンペーン期間が終わると月額4,300円程度になります。

 

 

多くのプロバイダからサービスの提供があるのである程度はプロバイダを選んで
月額料金を安くすることもできます。

 

 

WIMAX2+を使う時にはキャッシュバックなどのキャンペーンも上手に利用すると
月額料金の負担を減らしてさらに使いやすくなります。

 

 

■無制限プランを使うならWiMAX2+がおすすめ

 

・ 格安SIMの無制限プランよりも使いやすい
・ ヤフーWiFiの無制限プランよりも使いやすい

 

 

無制限プランを提供している所は多いのですが、一番おすすめしやすいのがWiMAX2+。
他のところよりも速度と制限のゆるさでおすすめしやすくなっています。

 

 

格安SIMの無制限プランは通常時でも通信速度が遅くなるデメリットが有ります。

 

 

それにヤフーWiFiでも無制限プランが有りますが、こちらもやはり条件が厳しく
使いにくい印象になっています。

 

 

ヤフーWiFiの場合は無制限になるのがAXGPエリアという新しくサービスが始まった
2.5Mhzの周波数帯の地域になります。

 

 

こちらのAXGPエリアで対応ルーターをアドバンスドモードにして接続した場合のみ
月間パケット通信総量の上限がなくなります。

 

 

WiMAX2+と同じで完全無制限ではなく直近3日間で3GBを超えるとやはり速度制限が
かかってしまいます。

 

 

ヤフーWiFiの場合は制限かかると通信速度が128Kbpsになるのでネット接続が
まともにできなくなってしまいます。

 

 

それに利用できる地域がまだ中心都市のみ、しかも室内では接続が悪くなるという
状況なので無制限で利用できる状況がかなり限定されてしまいます。

 

 

アンテナ拡張の積極性や現状の室内の安定性を考えると無制限プランを選ぶなら
WiMAX2+がおすすめです。