iPhoneを快適に使うためにドコモのモバイルルーターを活用する!

iPhoneを快適に使うためにドコモのモバイルルーターを活用する!

■iPhoneを快適に使うために予備回線を用意すると良い?

 

・ どのキャリアでも7GB以上の通信をすると速度制限がかかる
・ Wi-Fi通信はパケット通信に含まれない

 

 

世界中でもとても人気の高いスマホがiPhoneです。
日本でも新製品の発売時には多くの人がショップに並んでいます。

 

 

とても使いやすく、ネットは全てiPhoneで行っているという方も多いのですが
あまり使い過ぎると通信速度制限をうけてしまいます。

 

 

現在iPhoneの提供をしているのは3大キャリアのドコモ、ソフトバンク、auです。
どこのキャリアのiPhoneでも月7GB以上のパケット通信をすれば速度が遅くなります。

 

 

そこでもし速度制限を受けた時に、別の回線を持っていればそちらを使って
ネット接続をすることが出来るようになります。

 

 

このサブ回線におすすめなのがモバイルルーターを使ったネット接続です。
モバイルルーターはiPhone殿接続をWi-Fiで行うのでパケット通信にはなりません。

 

 

当然モバイルルーターも使い過ぎると速度制限されますが、iPhoneの7GBと
ルーターの7GBを合わせれば快適にネットが出来ると思います。

 

 

今回は回線の利用できる地域を考えてドコモのモバイルルーターを調べてみました。

 

 

■ドコモのモバイルルーターを安く利用する方法は?

 

・ 2台目プランを使うと月額1,900円のプラスでモバイルルーターが持てる
・ パケットパックはスマホと共有なので注意

 

 

ドコモのiPhoneを持っている場合は2台目プランを利用すると少しの月額料金で
モバイルルーターを持つことができます。

 

 

ドコモでは同一契約者が2台のスマホを持つ場合に1台目のパケットパックを共有する
形でもう1台を利用することができます。

 

 

これにモバイルルーターを選ぶことができるので、実質1,900円の月額料金を足すだけで
モバイルルーターの利用が出来るようになります。

 

 

料金的にはかなり安いのですが、こちらの場合はスマホとパケット量が共有になります。
つまりスマホのサブ回線としてモバイルルーターが利用できません。

 

 

どちらかと言うとiPhoneのテザリングを使わない代わりにモバイルルーターを使う
というイメージの使い方になります。

 

 

パケットパックが共有なのでスマホでパケットパックの上限を超えてしまうと
モバイルルーターも速度制限を受ける事になります。

 

 

月額料金は安いのですが、パケット量の管理が難しくなるので注意が必要です。
それにiPhoneのサブ回線としてモバイルルーターを利用できる使い方ではありません。

 

 

■普通にドコモ回線を使ったモバイルルーターを契約すると料金が高い

 

・ 基本料金にパケットパックの契約はかなり高額
・ ドコモユーザーの場合はiPhoneのパケットパックを増量するほうが安い

 

 

では普通にドコモでモバイルルーターの契約をした場合はどうなのでしょうか?
上記の基本料金1,900円にパケットパックの料金が必要になります。

 

 

端末代金は月々サポートを利用して割引ができるので余り考える必要がありませんが
ドコモの場合はパケットパックがかなり高くなります。

 

 

データ通信専用プランを利用する場合にはこのスマホの料金とは別にプランが
用意されていますがそちらもかなり料金が高くなります。

 

 

データ通信専用プランの場合は基本料金が5,700円、これにプロバイダ料金の
500円がプラスされて月額6,200円が必要となります。

 

 

こちらの場合は月7GBの通信容量を超えると速度制限がかかる定額プランですが
スマホの料金も考えるとかなりの負担になります。

 

 

ドコモでモバイルルーターの契約をする場合はコストがかかってしまいそうです。

 

 

■ドコモ回線を使った格安SIMを利用するとお得になる?

 

・ 格安SIMにはドコモ回線を使ったものが多い
・ ドコモの端末ならほとんど問題なく格安SIMが使える

 

 

ドコモでモバイルルーターの契約をするのはコストを考えるとかなり厳しいことが
わかりました。

 

 

そこでもっと安い料金で回線を使う方法を考えてみます。
料金的に安い回線なら格安SIMの利用も出来るのではないでしょうか?

 

 

格安SIMは回線をレンタルしてサービスを提供しています。
このレンタルしている回線はドコモ回線のところが多くあります。

 

 

その為にドコモ端末を利用すれば本邸設定が必要なく、手軽にネットに
接続できるようになります。

 

 

この格安SIMとドコモ端末を使えば回線の月額料金をお得にして、更にiPhoneも
便利に使うことが出来るのでしょうか?

 

 

単純にiPhoneのサブ回線として格安SIMを使うならSIMカードの差し替えをすれば
2回線を利用できるのでパケット量はそれだけ多く利用できることになります。

 

 

ただSIMカードの差し替えはAPN設定なども変える必要があるので頻繁にするのは
ちょっと面倒です。

 

 

そこでもっと手軽に格安SIMを利用する方法がないのかを探してみました。

 

 

■不要になったスマホ本体を利用して格安SIMを利用する

 

・ 機種変更などで使わなくなった端末に格安SIMをさす
・ 端末によってはLTEに対応していないので回線速度が遅くなる

 

 

現在使っているiPhoneでSIMの差し替えをするのが大変なので乗り換えや機種変更で
使わなくなった古い端末を格安SIM専用端末にする方法があります。

 

 

単純な調べ物くらいならそれほどスマホのスペックが必要ないので昔の本体でも
十分に利用できます。

 

 

普段の使い方とは違い検索だけと小容量の使い方のために格安SIM端末を用意すれば
メイン回線のパケット量節約にもなります。

 

 

ただし昔の端末の場合はLTE回線に対応していない端末があります。
その為にLTE対応の格安SIMを使っても利用できるのが3G回線のみになります。

 

 

それと端末をもう1つ持ち歩くことになるので荷物が増えるというデメリットも有ります。

 

 

いつも使っている端末を使いたいという場合はテザリングも考えられますが、ドコモの
端末では格安SIMでのテザリングができなくなっています。

 

 

テザリングを使うならSIMフリー端末を使う必要があるので利用できるユーザーが
かなり限られてしまいます。

 

 

でもiPhoneユーザーの場合はドコモ端末でもテザリングが出来る可能性があります。
ドコモ版iPhoneはiOS8からテザリングに対応しています。

 

 

これは格安SIMでも利用できるので古い端末もiOS8にしてあるなら格安SIMを使った
テザリングで今の端末を利用するという方法もあります。

 

 

■SIMフリーのモバイルルーターを利用する

 

・ LTEに対応した最新のSIMフリーモバイルルーターは格安SIMでも使いやすい
・ 端末料金が高いので初期コストはかなり大きくなる

 

 

テザリングは設定などが難しいので無理、という場合には格安SIMをSIMフリーの
モバイルルーターにさして使うという方法もあります。

 

 

モバイルルーターを使えば細かな設定などは必要なくすぐにネット接続ができます。
SIMフリーのルーター端末なら格安SIMでも問題なく利用できます。

 

 

ただし月額料金が安いプランでは利用できるパケット量が少ないのは変わりません。
しかもドコモで購入する時とは違いルーター本体の割引が利用できません。

 

 

SIMフリー端末はキャリアで購入するセルラー版よりも高いことが多く
モバイルルーターも同じように同じ製品でもSIMフリー版は高くなっています。

 

 

しかもそれが割引の利用ができない状態で購入するのでルーターを用意するための
初期コストがかかってしまうというデメリットが有ります。

 

 

最新のSIMフリーモバイルルーターは大体2万円くらいします。
LTE回線に対応している端末を考えるとそれなりの性能のルーターが必要です。

 

 

■ドコモ回線以外のモバイルルーターを考えてみる

 

・ 安い月額料金ならヤフーWiFiがおすすめ
・ 無制限プランを考えるならWiMAX2+

 

 

ドコモ回線のモバイルルーターを使うにはちょっと難しい状況が多いことがわかりました。
そこでドコモ回線以外のモバイルルーターも調べてみます。

 

 

格安SIMと同じように毎月の料金が低価格で利用できるモバイルルーターなら
ヤフーWiFiの最安値プランがオススメできます。

 

 

月額1,980円というかなりの低価格で利用できるモバイルルーターのプランです。
月間パケット通信総量7GBで直近3日間は1GBの制限条件があります。

 

 

月間のパケット量は格安SIMよりも多く、短期間での通信制限条件は厳しい感じです。
その為にライトユーザーにおすすめしやすいルーターとなっています。

 

 

制限が厳しいのは嫌だ、という場合は無制限プランが使いやすいWiMAX2+がおすすめ。
こちらはギガ放題プランという月間パケット通信総量の上限なしプランが有ります。

 

 

直近3日間で3GB以上のパケット通信をすると速度制限がかかるので完全無制限では
ないのですが、制限がかかっても使いやすいというメリットが有ります。

 

 

制限された場合にも下り最速6Mbpsの速度が出るので普通にネットを使う分には
問題なく利用できるのが大きな魅力です。

 

 

月額料金は4,000円以上と高くなりますがパケット通信総量を気にせずに使いたいなら
WiMAX2+をおすすめします。

 

 

■自分の使い方を考えてモバイルルーターを選ぶ

 

・ スマホのサブ回線なら格安SIMやヤフーWiFi
・ 動画やテザリングならWiMAX2+

 

 

モバイルルーターは今ではかなりの種類が取り扱われています。
そこで自分がどんなふうに使うのかによって選んで契約ができるのです。

 

 

スマホのサブ回線、速度制限がかかった時の回避回線としてなら格安SIMでも
十分に利用できます。

 

 

スマホのパケット量を節約したいならヤフーWiFiの7GBで1,980円はかなり
お得な料金プランになります。

 

 

ヘビーユーザーですぐにスマホの速度制限上限になってしまうならWiMAX2+を
使うだけでかなり快適にネットが出来るようになります。

 

 

それにスマホだけではなくタブレットPCや携帯ゲーム機など複数のモバイルツールを
屋外で利用する方はやはりモバイルルーターがおすすめです。

 

 

テザリングでも対応はできますがスマホへの負担が大きく、iPhone以外の端末では
格安SIMでのテザリングはちょっと使いにくくなります。

 

 

モバイルルーターの中にはスマホの外部バッテリーとして利用できる端末もあります。
スマホをより使いやすくするアイテムとしてもモバイルルーターはおすすめです。